2015年04月16日

プチ贅沢な妄想。

旦那の退職金が無事入金されていました。
引越しで新たに買い直したものが結構あって、それでも
全部ではなく、枚数の足りないカーペットやら
短すぎてつんつるてんのカーテンなんかの大物は
また余裕が出来てから・・・と思い、買ってはいないんですが
カードでの支払いがちょっと怖い額になっていて
それでなくても洗濯機や電子レンジなんかの一括払いも
あったりで だいぶビクビクしていました^^;
その分も今日、ちゃんと充てる事ができました。

返済にまわす分を夜旦那に渡し、ひと息つくと
もうすぐゴールデン・ウィークだなぁ・・・、どっか
泊まりで遊びに行きたいなぁ〜、家族で外食もいいねぇ
・・・なんて 気が大きくなってホニャホニャ
考えたりしてしまいます。

にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村

夏のボーナスも0確定、借金の返済も予定より返せていない、
ホニャホニャなんかしていられない状況なんですが
とりあえず今だけ。
また節約頑張るから、今だけプチ贅沢な夢を見させてもらいます                                                           
                                                        
                                                                                                                                                                   

posted by ダイアビ at 21:57 | Comment(0) | 借金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

曳舟の“いちや”さんで大福を買う。

幼稚園も数日通うと、同じクラスのママさん達とも
少しずつ話しをするようになります。
ここもやっぱりプレ幼稚園からのコミュニティが既に
出来上がっている感じで、そんな中を自分から
割って入って行く事は元々出来ない性分ですが、
大阪から来て間もない、というのが珍しいからか
ぽろり、ぽろりと声を掛けてくれるママさんがいたりします。

その上役員決めや行事のチーム決めやらで何度も黒板に
名前が書きだされているのを見てるうちに 顔と名前が
一致しだして、こういうのって面倒だなぁとばかり思っていたけど
じゃんけんで決めたり結構楽しいなぁ、と思えました。

そのうちの一人のママさんに「ここが美味しいよ!」と教わり
食べ歩きマップまで頂いて場所も聞き、他のママさん数人も
「そこ知ってるー!美味しいの♪」と賛同するという
大福のお店“いちや”さん。
今日やっとお迎えどきに晴れたので、園帰りの子アビを乗せたまま
お店を見つけに行ってきました。

にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村

住宅街にぽつーんとあるそのお店は、イメージは
白い和紙を貼った箱・・・。
けして大きくないお店なのにダイアビ達が行くと
先客のご婦人が一人。
あら幼稚園帰りー?なんて話しをされつつ、
このお店は去年出来たばかりだと教わりました。
お店の人曰く錦糸町に甘味処があり
そちらが発祥だけど、こちらはどら焼きと大福だけとか。
幼稚園でお勧めされてきました、何人も口をそろえる
銘菓だそうで、なんて和気藹々とお話ししました。
帰り際にまた別のご婦人が入店。
自転車に乗りかけるとまた別の年輩の女性客が、と
ひっきりなしにお客さんが来る、本当に人気のお店のようでした。

KC3Z0005.JPG

KC3Z0006.JPG

本日買ったのは豆大福と杏大福。びっくりのやわやわ皮で
手でも口でもにょにょーっと伸びます。この感覚は覚えが・・・と
思ったら、どこかのHPで見たんですが 滋賀羽二重のもち米を
使ってらっしゃるとか。あんは素朴な、しつこくない甘さで
さらーっと溶けていくような感じでした。
杏大福は、あんの甘さに杏の酸っぱさとフルーティさが合わさり
独特な、より現代的な味で若い人にも喜んでもらえそうな
そんな美味しさでした。
あとはどら焼きが有名だそうです。どれも美味しそうでした。
お店の場所も覚えたし通ってしまいそうな予感・・・(笑)。

麩澤さんの“麩まんじゅう”といい、ここは迷いそうな路地裏に
見落としそうな小さな“おいしい”がいっぱいある町のようです。



posted by ダイアビ at 19:09 | Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

ぶりっこって呼びますか?

スーパーで買い物をしていると、目前で“ぶりあら”のパックが
ドサドサーっと並べられました。100円でexclamation×2
思わず手に取って悩みました。・・・煮付けがいいのかなぁ?
念のため、鮮魚コーナーのおばちゃんを捕まえてきくと、やっぱり
甘辛く煮るといいと。

ぶりの卵の煮付け
KC3Z0020.JPG

下処理の後、お湯に入れるとぱあぁっと花が咲いたように
広がって綺麗でした。ハモみたいな感じ・・・かな。

大きいし他のおかずもあるので、2切れも食べたら充分です。
魚卵好きな子アビは、大喜びでした
帰宅後の旦那も、あまりのコストパフォーマンスに驚き
美味しい美味しいと食べていました。
「今後も見つけたら作って!」と、作り甲斐のある言葉を貰って
ヒャッホウ!な本日のダイアビでした。

にほんブログ村 家族ブログ 貧乏家族へ
にほんブログ村

関西でもお目にかかるのかしら・・・ダイアビは
生まれて初めてブリの卵なんて料理しました。
呼び名すら知りません・・・まさか“ブリっこ”?(笑)

posted by ダイアビ at 22:59 | Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする